塩の表示ルール

伯方塩業(株)さまの
『塩の特別講座』に出席してきました。
IMG_2169.jpg
様々な塩の特製や、製造方法についても、
非常に勉強になったのですが、
興味深かったのは、
『塩の表示ルール』について。
食用塩公正取引協議会では、
『自然塩』『ミネラル豊富』『天然塩』
などの表示はすべてNGワード!!
それだけでなく、
『純』『ピュア』『古代の』『世界一』
などの、根拠に乏しい表示も一切禁止。
ネットでは、これらを使いまくっている
商品も目にしますが、
塩の表示は他の業界にくらべても厳しく、
その表示基準がしっかり守られたものだけが、
塩マーク.jpg
この『しお公正マーク』を表示できます。
今の世の中、
何で出来ているのかよく分からなかったり、
大げさな、紛らわしい広告が多いので、
全ての食品を、これくらい厳格に
規制してほしいものです。
来年は、私の教室でも、
伯方塩業『フルール・ド・セル』を
使用したタイアップレッスンを開催します。
お楽しみに

鎌倉 松原庵

スポーツ栄養士として、ご活躍の
堀口泰子先生とは、お仕事を通して出会い、
1年ぶりの再会。
鎌倉でランチでもしながら、お話を伺いたいと
お誘いしたのだけど、
鎌倉。はて、さて、全く店を知らない。
時間的に、フレンチでは慌ただしいので、
お酒と、おつまみをつまみつつ、
美味しいお蕎麦で〆るような店、ないかな。
駅から近くて、落ち着いてて、感じのいい店。
で、選んだのが、こちら
IMG_2196.jpg
接待でも使えそうな、素敵な店構え✨ 
ここは良さそう!!
門の前で、満足していると、
なんと、別の料理家の先生ともばったり遭遇。
3人で共通の仕事で繋がっていた事もあるので、
ひと通り、盛り上がり、
郁子先生がいらっしゃるのなら、
絶対この店は、外さないに違いない!
と、確信!!
テラス席や、カフェも併設されていて、
すこぶる使い勝手がいいので、
知っておくと便利なお店です。
鎌倉の街並みに溶け込んだ、
雰囲気のある佇まいの中で、
気持ちのいい時間を過ごせます。
そば.png
堀口先生からは、スポーツ栄養士としての解釈を
色々伺い、とても勉強なりました。
野球ひとつにとっても、
ポジションで、特化すべき栄養も違うそう。
うーん、奥が深くて、面白そうです。
でも、私のように運動音痴で、
野球のルールも知らないようでは仕事になりません。
「ショートって、どこでしたっけ?」
とは、ちょっと恥ずかしくて聞けませんでした💦
有意義な時間を、ありがとうございました。

ラ・プレシューズのモンブラン

仕事で四谷に行ったので、
家族のお土産に、『ラ・プレシューズ』
モンブランを購入。
秋限定の、和栗100%のモンブラン。
注文してから、クリームを絞ってくれます。
すごく、すごく美味しいです
見て見て!!美味しそうでしょー
DSC_1319.JPG
気合入れて、写真撮ってみました!!
あー、また食べたい!

クリスマス準備

もうすぐ12月
今年も、子供たちが1日かけて、
クリスマスの飾りつけをしてくれました。
photo.png
1年で1番素敵な季節に向けて、
こうやって、家族で準備できる幸せを、
いつか、「夢のような日」だったと、
懐かしく思い返す日が来るのでしょう。
IMG_2177.jpg
クリスマスソングを流しながら、
家族で点灯式
クリスマスツリー.png
12月のレッスンは、
クリスマスカラーで、お待ちしております。

上海蟹の季節!

上海蟹の季節です
上海蟹は、雄と雌の旬が少しずれているのですが、
今の時期は、その両方が味わえる、
まさに、上海蟹のベストシーズン
今年のお店は、ここに決めました!
かに3.png
   『礼華』@新宿三丁目
もちろん、注文したのは、
上海蟹の雄雌食べくらべコース
IMG_2106.jpg
お腹に線が入っているのが、雄です。
調理の前に、テーブルに持ってきて見せてくれます。
この日は、周りのお客さん、ほぼ全員が
上海蟹のコースをオーダーしていました。
今の時期しか食べられないですものね。
皆さん、考えていることは一緒です。
IMG_2112.jpg
最初は、上海蟹の紹興酒漬け。
生きている蟹を紹興酒に漬け込んで作る
この料理は、まさに酒飲みの為の上海蟹。
隣のご夫婦は、
「これだけで、いつまでもお酒を飲める」と、
30分くらいかけて、蟹の足を吸っていましたが、
気持ち分かります!!
IMG_2114.jpg
上海蟹の卵白炒めは、蟹味噌たっぷりで、
濃厚!!これも、超美味です!
かに2.png
そして、上海蟹の姿蒸し。
上が雌で、下が雄です。
雌は、圧倒的に卵が美味しいので、身は淡泊な味わい。
雄は、身の味が濃くて、白子のコクと相性良し。
どちらも美味しいですが、この姿蒸しは、
雄のほうが好みでした。
白ワインと、紹興酒を頂きながら、
上海蟹尽しの、贅沢で至福な時間💕
その他にも、
かに.png
フカヒレや、上海蟹チャーハンや、ラムチョップや、
ものすごい量が出てきて(コースなので)、
かなりコストパフォーマンスがいいです。
テラス席は、新宿御苑の緑が見渡せ、
店内のインテリアも、食器もエレガント!
フレンチより、コースの運びが早いので、
2時間くらいで食事が終わるのも、忙しい人には
都合がいいかもしれません。
ジャスミン茶と、月餅は、お土産に是非おすすめ!
来年の上海蟹もここへ来よう!
だから、来年も頑張ろう!
幸せは、小さな目標の積み重ねです。

鶏肉店『梅や』

横浜関内にある、有名鶏肉店。
IMG_2073.jpg
  
横浜の知人や、生徒さんからも、
「新鮮でおいしい!!」と聞いていましたが、
遅ればせながら、先日やっと
辿り着きました。
桜木町からも、関内からも、徒歩5分の立地ですが、
買い物は、車で行くため、
方向音痴の私は、新しい場所に、
なかなか足が向かないのです。
IMG_2075.jpg
総菜だけなら、横浜高島屋にも入っていますが、
こちらは、さすが本店。
作り立てで、種類も豊富。
焼き鳥も、唐揚げも気になりますが、
やはり、何と言っても、
une.png
新鮮で、つやつやピカピカしている『生』の鶏肉が、
断然気になります!!
銘柄もたくさんあって、初めてだと迷ってしまうくらい。
欲張って、いろいろな部位を購入したため、
冷凍庫は鶏肉でギューギュー詰めです。
とりあえず、お弁当用に
鶏チャーシューと、鶏そぼろを仕込んでみました。
photo.png
IMG_2080.jpg
美味しそうな、うずらの卵も売っていたので、
これもお弁当用に、茹でます。
焼き鳥用に串に刺した鶏肉も売っていたので、
自宅で焼き鳥パーティーも楽しそうです🎵

ランス・ヤナギダテ@青山

10年ぶりに再会する友人と、
20年ぶりに再訪するレストランにて。
photo.png
   『ランス・ヤナギダテ』
会社勤めだった頃の同期との、お食事会。
当時は、毎日がトレンディドラマのような、
華やかな時代でした。
その頃に伺ったことがある、レストラン。
ゆ.png
プレゼンテーションは、今時ですが、
味付けは当時と変わっていなくて、
新鮮な、タイムトリップ。
「シェフは、ずっと代わっていないのですね」
と、質問すると、
「このレストラン名前が、ヤナギダテの間は」
と、サービスの方が笑顔で答えてくれました。
そうか。
レストランは、シェフの名前ですものね。
あの頃、浮かれていた日本と、
バブル的価値観の人々の、舞台となった
フランス料理というカテゴリー。
懐かしい友人と、懐かしい面影のお店で、
優しいひとときを、過ごしました。

高級食パンブーム

菊名に行く用事があり、歩いていると、
行列のパン屋発見👀
あ、このお店、東京の清瀬にあって、
料理雑誌に取り上げられていました。
菊名にも出来たのですね。
こちらが、そのパン屋さん
IMG_2063.jpg
   『考えた人すごいわ』
これが店名です。
こんなに美味しいパンを、考えた人すごい。
と言ってもらえるように。
という由来だそうです。
普通の食パンと、レーズン食パンだけの、
今流行りの高級食パン専門店。
2斤サイズのパンが1本800円。
IMG_2069.jpg
なにがすごいかって、
この店名を考えた人がすごいって思います。
SNSで店名を書くと、この店に繋がるから、
店名ではなく、お店の評価のように見えるのです。
お店のお持ち帰り用の袋にも、
店名が、目立つようにデザインされていて、
目を引くようにできています。
お店の作りも、売り方も、
しっかり戦略が練ってあって、
本当に「考えた人すごいわ」と、
思わず、つぶやいてしまいました。
あと、自分でスライスすると、どうしても厚く
なっちゃうのよね。
2斤あるのに、9枚くらいになってしまった💦
これも、戦略か
・・いや、
これは、私のスライスが下手なだけか💨

11月レッスン

秋も深まり、今月のお教室では、
身体の中を温め、
調えるレシピをご紹介しています。
ベースはフレンチですが、
スープに、アーモンドを使ったり、
ソースに、味噌や酢を使い、
なるべく、自然なものにこだわって、
子供から大人まで、安心して美味しいと
言っていただけるようなレシピに
仕上げました。
食欲の秋。
美味しいお料理と、食卓を囲む笑顔で、
まんぷくな毎日をお過ごし下さい。

オデリスドドディーヌ@大門

大学時代の仲間と、1年ぶりの集まり。
場所は、浜松町からも、大門からも、
歩いてすぐの、こちらのビストロ。
芝み.png
お値段も手頃で、ビストロの定番料理の
シャルキュトリーの盛り合わせや、
サラダニソワーズ、豚肉のロティなどが、
メニューに並びます。
仲間で、わいわい飲んで楽しむには
ぴったりのお店。
そのため、お客さんの年齢層は若めですが、
学生時代の仲間なら、
きっと、これくらい元気のいい店のほうが、
盛り上がります。
芝みみ.jpg
この日は、友人の1人が、転職をして、
それが、とても素晴らしい選択だったので、
みんなでお祝いをしました。
ずっと挑戦。まだまだ前進。
同級生の頑張っている姿は、
何より励みになります。