2月のレッスン

寒い日が続く2月のレッスンは、

身体を温める、比内地鶏のチキンブロスの前菜で

スタートしました。

たっぷりの葱と、生姜、クコの実などが入った

スープは、鶏ガラで出汁を取ることろから始めます。

 

牡蛎のグラタンや、

金柑を使ったサーモンのヴァプールなど、

今の季節に美味しい食材を合わせました。

 

 

プティフ・ア・ラ・カンパーニュ@半蔵門

横浜ルミネにトップスのカレー屋さんが

なくなったのは、いつ頃かしら?

その昔、30年以上前だけど、初めてトップスのカレーを

食べた時は、「おいしいっ!」って驚いた記憶があります。

フライドオニオンや、チーズがトッピングされているカレーって、

当時はすごく斬新だったのです。

今も銀座にあるみたいだけど、味は変わってないのかしら?

 

そんなことを思い出したのは、半蔵門のこの店に来たから。

欧風カレー

『プティフ・ア・ラ・カンパーニュ』

休日の半蔵門は、どの店も休業で閑散としているのに、

この店だけは、ひっきりなしにお客さんがやってきて、

賑わっていました。

ビーフカレーをオーダー。

好きなのは、最初のひと口目は、

「中辛なのに甘い??」と感じるのに、

じわじわじわっと辛くなってきて、

「けっこう辛いかも」と感じるタイプのカレー。

 

ここのカレーは、まさにそのタイプ。

好みの味でした。

最初に、じゃがいもが2つ別皿についてくるのは

よく分からないのだけど、腹ペコ男子には嬉しいかも。

(女子にはアイスにしてほしい)(強く要望)

 

「タイカレーじゃなくて、洋風のカレーなのよね」

と思う日には、思い出しちゃうような、

久しぶりに美味しい欧風カレー、食べました。

ごちそうさま。

横浜ゴッフォ

友人や生徒さんから、よく話が出るお店。

横浜のイタリアン『ゴッフォ』へ、

家族で行ってみました。

横浜から10分くらい歩くにもかかわらず、

店内は満席。

デートにも、仲間とも、家族でも。と、

どのようにでも、気持ちよく使える店づくりが、

大繁盛の秘訣ですね。

横浜のイタリアン『フランコ』から独立したシェフの料理は、

確かに、ビネガーの使い方がフランコっぽいなと感じます。

数あるイタリアンの、数あるメニューの中で

「この店らしい」と思わせる味付けの特徴があるというのは、

凄いことです。

骨太な料理なので、最近のちょこまかした盛りつけが

苦手な男子にも好まれると思います。

我が家の草食系男子たちは、ガツンと食べるより、

色々少しづつ食べたい派なので、けっきょく

シェアして、ちょこまか食べることになるわけですが、

ポーションもそれなりに大きいので、3人以上で行くのが

おすすめです。

 

スタッフも若々しく軽快で、店全体の活気もいいですね。

「爽やかだなあ。感じいいなあ。勉強になるなぁ」

と、草食系男子たちが、食べながら言ってました。

なんでも社会勉強です。

 

あと、このお店、デザート美味しいです。

カジュアルなイタリアンで、デザートを注文することは、

あまりないのですが、「ここのティラミスは是非!」

と、おすすめされたので、オーダーしてみました。

うん!確かにティラミスおいしいです

ワインも、泡から食後酒までグラスで揃っているし、

料理の芯もかっちり固まっていて、

デザートも楽しめる。

人気の理由が分かりました。

 

 

 

 

 

いちご狩りとパン屋『充麦』

我が家の恒例行事 いちご狩り

ここ数年のお気に入りは三浦の『嘉山農園』

ここの苺は大きくて甘くて、本当に美味しいです。

たっぷり苺を堪能した後は、すぐ向かいにある

横須賀のJA『すかなごっそ』で、新鮮な野菜を

購入して帰るのが定番ルートでしたが、

新しく、近くに美味しいパン屋さんを発見

『充麦』

このパン屋さん、なんと自分達で小麦を育て、収穫、製粉し、

パンを作っているんですって。

小麦の種を植えるところから、自分達でやるってすごいです!

店構えは、とても小さいので、ちゃんと目指して向かわないと、

絶対に見落としてします。

看板も、

店前のプランターに、こんな感じで置いてあるので

この無造作な感じが、味があっていいです。

目立たないのに、お店の中はお客さんでいっぱい!

お勧めは『エピ』や『バゲット』のハード系のパンということ

ですが、食パンやあんパンも、どれもおいしい!!

小麦の味が、ぎっしり感じられる、味わい深いパンです。

長い工程を経て、大切に育てられ、焼き上げられたパンは、

噛みしめる度に、作り手の愛情が感じられ、

お店の職人さんも店員さんも、皆さん幸せそうに仕事を

している姿が印象的でした。

三浦のドライブが楽しみになるお気に入りの場所が、

ひとつ増えました。

 

スーパー割烹『六雁』

久しぶりに、
「ここは凄い!!」って思えるレストランを
発見👀!!
IMG_2696.jpg
野菜料理が得意な割烹料理。
というと、少々地味なイメージですが、
店主自ら「スーパー割烹」と名乗るだけあって、
素材の引き出し方が、神業です。
店内は、今流行りの、ライブキッチン。
IMG_2702.jpg
完全に厨房が見えるスタイル(個室もありますが)
ここはやはり、料理長の神業を見ながら
お食事するのがおすすめ。
IMG_2704.jpg
まずは、シャンパン。
料理長はイケメンだし、キッチンステージの
主役としての華がある方でした。
お料理は、どれもこれも、素晴らしかったのですが、
たとえば、
IMG_2712.jpg
煎り酒 蒸しアワビとか、
IMG_2732.jpg
あん肝ポン酢で食べる刺身とか、
(あん肝をそのまま崩す贅沢ポン酢!)
IMG_2713.jpg
粕汁なんて、もううっとりするくらい美味。
これが粕汁だと言うなら、
今まで食べていた粕汁は、なんだったのか?!
死ぬ前に出会えてよかったです。
IMG_2733.jpg
ふぐは、唐揚げと白子の炭火焼き。
少し早めの筍が添えてあり、お皿から
春を迎えにいくような1皿に仕上がっていました。
IMG_2736.jpg
蓮根だって、メイン料理にしたいくらいの
完成度。素材の引き出し方が、素晴らしいです。
そう、このお店は野菜料理が得意で、
野菜のコースもありますが、
やっぱり、お肉も食べたいので、
通常の料理長おすすめコースにして、
ローストビーフなどが続き、計10品。
しみじみと心に響くお料理でした。
どういう環境で育ち、
どんな気持ちで素材と向き合うと、
こんな料理が作れるのだろう?
料理人たちが、お皿の上に命を
吹き込む作業を見ながら、
最高に幸腹な、ステージを堪能しました。
おまけ
この日は、誕生月だったこともあり、
こんな可愛いプレートも
サービスしてもらいました🎵
IMG_2748.jpg

1月レッスン

2019年最初の料理教室のレッスンは、
『伯方の塩』で有名な、
伯方塩業(株)『フルール・ド・セル』を使った
タイアップレッスンでした。
粗塩、焼塩、フルール・ド・セルと、
塩を使い分けてご紹介。
メインの『塩豚』は、細かい味付けをしなくても、
塩の味から素材の味を引き出す調理法なので、
是非、色々な料理に活用してほしいです。
photo.png
菜の花のクリームリゾットも、
今日のような、日差しが暖かい休日のランチに
ぴったりです。
ご自宅のキッチンで、
ひと足先に、春を感じて下さい

なんでもない喫茶店

今日は、寒かった!!
こんな日は、しっかり厚着をして出掛けるのに、
今日は、スーツを着ていた為、トレンチコートで
外出していて、猛烈に寒かったです
寒くて、お腹もすいていたので、
たまたま目についた、こんな普通な感じの喫茶店。
IMG_2640.jpg
暖かいところなら、どこでもいいわと
入ったら、店内は、いい感じに時間が刻まれた、
昭和の匂いのする店内。
IMG_2644.jpg
「マスター」と呼びたくなるオーナーが、
黙々と、コーヒーを入れていました。
コーヒーのメニューもいろいろあって、
「専門店」と言えるくらいのラインナップ。
とにかく、一番温まりそうな、
「アイリッシュコーヒー」を注文すると、
IMG_2650.jpg
わお。かなり本格的🔥
しかも、物凄く美味しい!!
最近は、SNSでお店をチェックして選ぶのが
主流だけど、何気なく入って、
あまり期待していなかった(失礼)お店の、
クオリティが想像以上に高いと、
なんだか、とっても嬉しいですね。
なので、お店の名前は内緒です
(ホントは、お店の名前、覚えていません💦)
たまには、自分の嗅覚で、美味しいものを探す
っていうのも、いいものです。
美味探求、嗅覚を衰えさせないためにも❗

今半気分のすき焼き

近所のスーパーで、これを見つけて、
IMG_2534.jpg
つい、カゴの中に入れてしまいました。
本物の今半のお店でも、この麩、出てきますね。
スーパーのお買い得価格で200円くらいでした。
この麩を水で戻し、
お店のように、肉のとなりに並べると、
IMG_2539.jpg
いつもの、すき焼きのお肉が、5割増し位、
高級に見えるー
こういう『小道具』好きです🎵
今半気分で、ちょっと嬉しい、すき焼きの夜。

タイアップレッスン

今月は、『伯方の塩』で有名な、
伯方塩業さまとのタイアップレッスンで、
こちらの『フルール・ド・セル』を含め、
数種類の塩を使ってのお料理をご紹介します。
IMG_2575.jpg
メインは、塩漬け豚を使った1品。
簡単で・ガッツリと・美味い!!
三拍子揃った肉料理です。
DSC_1314.JPG
それぞれの塩の違いを確認しながら、
楽しんで下さいね。
お待ちしております

再会@洋食キムラ

小学生の時の友人が、鹿児島から出てくると
いうことで、何十年ぶりかの再会。
ランチのリクエストは、
「駅から離れていてもいいので、昔からある店で、
賑やかで、下町で、洋食で、お手頃の店」
だったので、こちらのお店にご案内。
IMG_2569.jpg
野毛にある  『洋食キムラ』
上記リクエスト項目は、クリアしているものの、
何十年ぶりで会う友人と語る店としては、
少々、落ち着かないかなあとも思ったのだけど、
横浜らしい洋食店は、とても好評でした。
やはりお勧めは、看板メニューのこちら、
IMG_2571.jpg
デミグラスソースたっぷりのハンバーグ。
ソースのコクと甘さとやわらかな食感が、
昔ながらの洋食の味です。
熱々の貝の器で出てくるので、半熟になった卵を
絡めて食べるのが美味しい🎵
子供から大人まで嬉しい横浜のハンバーグ。
横浜っ子だったら、一度は来たほうがいいお店ですね。
今度、子供も連れて来よう。
この日、友人の
「50歳過ぎたら、会いたい人に会っておこうと
思うようになったの」
という言葉が印象的でした。
ちょうど私が
「50歳過ぎたら、食べたいものだけを
食べたいの」
と、思っていただけに、
おお、人生後半戦、やりたい事があれば、
どこまでも出掛け、食べたいものがあれば、
どこまでも食べに行く。
そんな事が出来る時間は、思ったより短い。
だって、あの頃11歳だった私達が50歳なんだから。
新年から、1年の目標が明確になった再会と
なりました。