エビフライとファンデーション

方向音痴なので、GPSを使っても迷う。
GPS機能がついてる靴が、そろそろ登場しても
いいのではないかと思うくらい、迷う。
(足が勝手に目的地に行くイメージ💕)
先日の猛暑日も、打ち合わせの場所まで
思ったよりずっと時間がかかってしまい、
着いた時には、お化粧がほぼ落ちていました
そんな話をしていたら、
美容業界の方が、
『プロが実践している、崩れない化粧術』
を教えて下さいました。
ズバリ、
おしろいをつけてから、
  リキッドファンデーションを重ねづけする!
ええー!!
そんなことしたら、ヨレませんか?!
って思いますよね。
でも、
エビフライも、粉をつけたほうが、衣が密着する
と言われ、ミョーに納得
私の顏も、エビフライと一緒でOKなわけね。🐱
ふむふむ、なんだか出来そうな気がしてきた。
試しに早速、
おしろい→リキッドファンデーション→おしろい
の順でつけたら、意外とヨレないし、
厚ぼったくもならない。
これ、外回りの営業職の女性には、
猛暑日に是非試してみてほしいです。
DSC_0651.JPG
今夜の夕食は、
少し丁寧に小麦粉をはたいて、
久しぶりにエビフライ🎵

ワイルドフラワーエッセンス

以前から興味があった、
『オーストラリアン ワイルドフラワーエッセンス』
のワークショップに行って来ました。
オーストラリアの先住民が、その昔、
心身の不調を野生の花の力で癒してきた歴史が、
ワイルドフラワーエッセンスの始まりと言われています。
オーストラリアの医療機関でも使われているそうです。
ワークショップは、青山の
シンシアガーデン』で行われました。
IMG_1081.jpg
野生の花の力で、生命力を呼び覚ます
ストレスケア視点のスキンケアは、
説明を聞いているだけでも興味深いものでした。
シンシアガーデンは、1階がショップで、
アロマエッセンスやコスメを取り扱っていて、
IMG_1090.jpg
地下では、ワイルドフラワーエッセンスを使った
SPAも施術してもらえます。
せっかくなので、SPAも体験🎵
IMG_1086.jpg
photo.png
ワイルドフラワーエッセンスを、
これでもかー!というくらい、
たっぷり贅沢に使ったマッサージは、満足度が高く、
SPAの1番人気メニューなのだそうです。
フラワーエセンスと言っても、
香りは、ごく控えめで、これなら男性や子供でも、
使えそうです。
私は、リラックス効果の高い
『スキンラスタークリーム』を購入しました。
1日の終わりに、数分でも自分の身体と心に
向かい合い、メンテナンスする時間がとれるくらい、
ゆとりのある日常は、現代女性の憧れですね。
人生100年と言われれば、
若さや美しさだけのためではなく、
自分をいたわる気持ちがないと、
健康であり続けるのは難しいのかもしれません。
あと、
シンシアガーデンはカフェも併設されていて、
グルテンフリーをコンセプトにしたランチや、
ナチュラルなデザートなどもありました。
IMG_1083.jpg
この日は、トマトのライスヌードルをメインとした、
野菜惣菜たっぷりのメニューでした。
コスメショップ、SPAやカフェで、
半日はゆっくり過ごせます。
たまには、半休取って、自分の身体のための贅沢を
味わうのもリラックス効果大ですよ

サーラアマービレ@銀座

メールでもラインでもなく、
『文通』で、20年以上も繋がっている友人と、
年に1度『リアル』で会う、七夕会。
今年は、銀座のイタリアン
1.png
至極のイタリアンとして、
一世風靡した原田シェフが、
サロンというコンセプトで作ったレストラン。
お店の向かいの『アロマフレスカ』と
一緒の厨房で作っている料理は、クオリティーも
サービスも、ほぼ互角のレベル。
銀座一丁目から1分という立地で、
ゆっくりと食事と会話を楽しめます。
驚くのは、そのコストパフォーマンス。
お料理10皿のコースと、
ワインなどのフリードリンクがついて、
ランチなら6500円(税別)!
photo.png
少量つづですが、アロマフレスカのエッセンスが
入った料理を、一度にこれだけ味わえて、
この金額は、かなりお得感があります。
美味しいものをちょっとづつ。
が大好きな、女性にはぴったりのレストラン。
とても楽しい時間を過ごしました。
またお便りしますね🎵

よいとき

キューピー(株)の方から、
すごくいい商品を、ご紹介いただきました。
これ、効果は人によるのだと思いますが、
私には、絶大に効果があったので、ご紹介
IMG_1120.jpg
飲む人のための 『よいとき』
お酒を飲む前に飲む。という商品では、
ヘパリーゼも、新キャベ2も、ウコンも、
色々愛用していますが、これらは、
肝機能を高めたり、
胃腸の調子を整えたりする目的が主ですが、
これは、
『酢酸菌の酵素でアルコールを分解する』
という、新しいアプローチで、
商品開発されたものなのです。
飲んだアルコールを体内で酢にしちゃおう!
というまるで、
体内ワインビネガー工場化の発想。
(あくまでも、私個人の解釈です💦)
まあ、とにかく、お酒を飲む直前に
IMG_1119.jpg
    2錠、飲む。
これを飲んでも、あまりお酒に強くない私は、
しっかり酔います。
その時は酔っていますが、
でも、次の日がまるで違う。
お酒が全く残っていない。
これ、画期的!!
飲みすぎた翌日の体調の悪さも
覚悟して飲む。
って事をしなくていいのなら、もうこれは、
手放せません!!
全くお酒を飲まない主人は、
「そこまでして飲まなくても・・」
と、呆れ顔ですが、
そこまでして飲みたい人にも、
そこまでして飲まなくてはいけない人にも、
試してみる価値がある商品。
私はネットで早速追加注文しちゃいました

ブッラータ

イタリアのフレッシュチーズ
『ブッラータ』
生クリームとモッツァレラを、
巾着のように包み込んだ、
南イタリアの伝統的なチーズです。
IMG_1071.jpg
中を開けると、
IMG_1072.jpg
とろーーり、ふんわり、もっちもち
このまま、こうやってオリーブオイルと塩で、
ばくばく食べちゃってもいいくらい、
大好きなチーズです。
トマトと合わせて、
カプレーゼスタイルにするのが、
王道のレシピだと思いますが、
今日の夕食は、
ブラッドオレンジをゼリーにして、
トマトと一緒に合わせてみました。
DSC_0997.JPG
濃厚で、クリーミーなチーズと、
甘酸っぱいブラッドオレンジの組み合わせ。
うっとりのハーモニーでした。
ブッラータは、フルーツとの相性もいいので、
こんな食べ方も、おすすめです。💕

小田原城とおでん

IMG_1014.jpg
夫と次男が「城に行きたい」というので、
小田原城に出向く。
35℃以上の日は、『猛暑割引』があるんですって。
(この情報、役に立つかしら💦)
この日も暑くて、着くなり、
IMG_1020.jpg
アイス購入。
小田原市で作った低農薬レモンのアイスが、
お城の売店で売っていました。
それにしても、小田原城、
耐震工事を終え、まるで博物館のように、
充実した展示物と資料。
そして、図書館のような涼しさ。
猛暑に城。
快適で新しい夏の過ごし方かもしれない。
歴史資料の中で、
秀吉が構築したという一夜城『石垣山城』
一夜城って、どうやって作るのかと思ったら、
完成後に、周囲の木を伐採して、
一夜にして城を作ったように見せていたのですね。
秀吉、演出家だわー!!
浅利慶太もびっくりの、大演出。
朝起きて、
敵の巨大な城が、突然目の前に建っていたら、
確かに、戦闘意欲失くして、降参します。
こういうサプライズ的発想力を持った人は、
現代でも成功している人が多いですよね。
私は、一夜城っていうと、
バブル時代の建物が浮かんじゃうくらいの
発想力ですが・・
さて、小田原グルメといえば、
『かまぼこ』
そんな、練り物の街にぴったりなお店が、
IMG_1049.jpg
このお店、8年前位から、ずっと行きたかった
のですが、駅からちょっと距離があるし、
なかなか訪れる機会がなく、念願かなっての訪問。
家族には、
「嘘!この暑い日に、おでんですか?!
と、文句を言われながらも、
小田原城からなら、歩いて行ける距離。
IMG_1052.jpg
雰囲気のよい店構え。
IMG_1053.jpg
カウンターは、いっぱいだったので、
テーブル席でいただきました。
IMG_1059.jpg
それそれのタネが、違う老舗の蒲鉾屋で
作られていて、さすが練り物の街ならではの、
ひと味もふた味も違う、しっかり主張がある
おでん種の数々。
あー、ここは、夜にカウンターを予約して、
日本酒飲みながら、
全種類食べてみたい!!
最初は、小田原の町おこしの意味も込めての
オープンだったらしいけど、
今や、小田原を代表するグルメ店の1軒。
『小田原城』行って、『和菓子菜の花』でどらやき買って、
小田原おでん』食べて、目の前の『丸う田代』で、
蒲鉾と黒はんぺんを、買って帰る。
おすすめ散歩道でした。

嵐の日に

大型の台風注意警報が出て、
長男のクラブ活動も、次男の塾も、
私の予定も延期になり、
思いがけず、家族全員予定がない1日。
こんな日は、どこへ行っても空いてるね。
せっかくなので、
いつも混んでいる所へ行ってみよう!
どこがいい?と、家族に聞くと、
「スカイツリー」「浅草寺」「東京タワー」
ちょっと・・・
あなた達、外国人観光客ですか?!
IMG_0968.jpg
ということで、雷門。
台風に備えて、提灯が半分畳まれていました。
ただでも日本人より、外人が多い場所で、
台風が来ている日に、わざわざ訪れる人は
あまりいないので、
いつも行列ができている、
人気のもんじゃ焼きのお店も、
IMG_0977.jpg
人の気配が全くなく、楽々入店。
IMG_0985.jpg
久しぶりのもんじゃ。
子供達は初体験で、すっかり気に入った様子。
もんじゃは、昔はおやつのような存在で、
下町では子供達が駄菓子屋で焼いて、
夕食前の小腹を満たしていたわけだから、
当然、子供にウケる味なわけです。
雨も風も強くなり、店内にほとんど人が
いなくなったので、急いで場所を移し、
『梅園』にて『あわぜんざい』
IMG_1001.jpg
これまた久しぶりのご対面。
やっぱり、梅園の『あわぜんざい』おいしい!
デパートでテイクアウトも売ってるけど、
断然、出来立てのあつあつが絶品。
浅草を駆け足で周り、18時に無事帰宅。
帰宅後、玄関の植木鉢を避難させ、
台風対策完了!
今晩から明日にかけて、
台風厳重警戒の指示が出ています。
皆様気を付けてお過ごし下さい。

ガイトーンTokyo

渋谷で打ち合わせがあったので、
その前に、行きたかったお店で
ひとりランチ。
企業オフィスとは、反対方向でしたが、
もう、頭の中は、
『カオマンガイ』一色だったので、
迷わず、ぐんぐん歩いてお店に到着。
IMG_0951.jpg
  『ガイトーンTokyo』
カオマンガイの専門店です。
暑いから、タイ料理が食べたい気分
と、思っているのは、私だけじゃないらしく、
お店の前には7人の列ができていました。
あちゃ、打ち合わせに間に合わない?!
と、焦りましたが、
ファストフードのような速さで、店内が
回転するので、数分で入れました。
メニューは、カオマンガイとグリーンカレーの
2種類ですが、この時は全員カオマンガイを
食べていました。
IMG_0955.jpg
わお!
これが本場のカオマンガイ?!
だとしたら、
タイのカオマンガイって、
めちゃくちゃ美味しいじゃん
そして、その味をこんな小っちゃな店で、
ちゃちゃっと食べられる日本て、
本当に素晴らしい。
猛暑でも、酷暑でも、日本が好き!
と、ひとりごちたお昼ご飯。
本当は、テイクアウトで家族にも
食べさせたかったけど、
さすがに、打ち合わせに、タイの香りを
まき散らしながら、
鶏弁当を持ち込むわけにいかず、断念。
お店は、川崎にもあるのだけど、
横浜にも、オープンしてほしいー!

ラペ@日本橋

日本橋のラペにて。
素敵な皆様と、ランチをご一緒しました。
『ラペ』は、ディナーで何度か伺っていますが、
ランチは、初めて。
日本橋フレンチの店として、
すっかり人気が定着し、
安定の美味しさと、美しさ。
同じ価格帯、方向性のフレンチの中では、
たぶん、際立ったレストランだと思います。
まずは前菜
IMG_0930.jpg
そう。もう、こういう前菜のスタイルは、
見慣れつつあるのですが、
でも、やっぱりかわいい。
最初に与える見た目と味のインパクトは、
そのお店のイメージを左右します。
人も食も、第一印象は重要。
photo.png
どのお料理も、優しく軽やか。
暑い夏にも爽やかな、避暑地をイメージさせる
お料理の数々でした。
そして、ラペのスペシャリテ
IMG_0935.jpg
『日本橋』と刺しゅうされた布に、
恭しく包まれて出てくるのは、
IMG_0937.jpg
フォアグラのテリーヌを、
ゴーフルではさんだもの。
これは、ディナーの時も頂いたことがありますが、
毎回オーダーしたくなるような、
洒落たお味の1品。
女性が「絶対好き!」って思う品々が並び、
こんなに女心を的確に、つかむシェフは、
きっとモテるのだろうなあって思います。
華やかな皆様と、
おいしいフレンチと、
幸せな話題。
素敵な時間でした。

アニバウム

あのアニバーサリーが、
新宿 早稲田に、
バームクーヘン専門店をオープン
IMG_0802.jpg
可愛らしいクマちゃんの箱に入っています。
そして、このバームクーヘン、
膨張剤やショートニングなどを一切使用せず、
バターや卵、牛乳、砂糖などの、
素材の力で、しっとり、ふんわりした食感に
仕上げているそう。
専任のパティシエがいるからこそですね。
さすが、満を持して、
アニバーサリーのこだわりが詰まった
バームクーヘンです。
家族みんなが大好きな味が、
またひとつ増えました。
photo.png