栗名月

今日、10月11日は、

『栗名月』と呼ばれる十三夜

大型台風接近中で、空を見上げるどころでは

ありませんが、この騒動で週末は思いがけず、

家族でゆっくり過ごせそうなので、

栗にちなんだ、こんなお菓子をお供に。

 

 

 

 

 

 

 

 

とらやの生菓子 『栗名月』

とらやの羊羹は、さほど興味がないのだけど、

生菓子は、本当に美味しいと思う。

あまり扱っている店舗がないのが残念なのだけど、

この『栗名月』は、この時期3日間だけ、

限定発売で、横浜高島屋でも手に入るので、

予約しておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

半分に切ると、新栗の餡の中に御膳餡。芸術的です

「餡子を使ったお菓子で、これ以上って出来ないよね」

って思うくらい、完成されているお味。

 

とらやの羊羹は、お詫びに行く時の手土産にしか

購入する事はないけど、

これは、自宅用に予約してでも買いたい1品。

時間をかけて、ゆっくり味わいます。

 

皆様、今夜から明日にかけての台風、充分お気を付け下さい。

 

白金のケーキ屋さん

白金にあるケーキ屋さん

『メゾン・ダーニ』

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど、向かいにある『マルイチベーグル』

に行ったついでに、ちょっと覗いてみました。

生ケーキも美しいデコレーションで気になるのだけど、

目を引くのは、焼き菓子のコーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

バスク地方の伝統菓子ガトーバスクや、

フィナンシェ、フロランタンから、

美味しそうな美味しそうなバターの香りが漂います。

なんだか、パリの街角にありそうなお店で、

店の作りからも、オーナーのセンスが覗えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お品よく、美しいケーキたち。

ミルフィーユは、キャラメルコーティングされていて、

パリパリ、サクサク

 

 

 

 

 

 

後で知ったのですが、このお店、

ガトーバスクが有名みたいですね。

ガトーバスクも、もちろん美味しかったのですが、

フィナンシェが最高でした。

あまり日持ちがしないのだけど、

もっと買ってくればよかったなあ。。

 

ひとり寿司ランチ@銀座鰤門

年を重ねると、視覚や聴覚が衰えるように、

味覚も衰えていきます。

美味しいものを感じる力が弱くなるということは、

不味いものを感じる力も弱くなるということかと、

私は解釈していて、

「老後は食事に手を抜いても、夫は気が付かない」

と、都合のいいように考えることにしています。

ただ、年と共に研ぎ澄まされていく味覚というのも

あるようで、人工的な味や匂いのものに敏感になり、

食感や、供される食事の温度に神経質になるような

気がします。

おいじいちゃんがいつも、

「おい、このお茶ぬるいぞ」とか言っている理由が

最近理解できるようになりました。(老いてるなあ私)

 

という話のあとで、先日ランチで伺った

『銀座鰤門』

 

 

 

 

 

 

 

 

長い朱塗りのカウンターが目を引く、

銀座のお寿司やさんです。

銀座で、ふらりと、ひとり寿司ができるくらい、

大人になった(老いた?)なあと、しみじみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コースに生牡蛎がでるというので、シャンパンを。

兵庫の牡蛎に、ローランペリエのグラスシャンパン。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのランチは、かなりコストパフォーマンスが

良いと思います。

前菜が3皿に握り9貫、巻物とお椀、

デザートのわらび餅までついて、4,500円から。

ランチとはいえ、この価格はかなりお得感があり、

そのせいか、ひとりで来ている女性もちらほら見かけました。

丁寧なお仕事がされた江戸前寿司も、

焼きたての、ほくほく卵焼きも、

とても満足できる内容でした。

 

お茶やお椀が、ちと熱いなあと思ったのだけど、

仲居さんが、汁ものを運ぶたびに

「熱いです!お気を付け下さい!」と言うので、

これはたぶん、意識的に熱くしているわけで、

私の年齢とは関係ないと、思われます。きっと。

 

日々のお料理インスタはこちらから

 

 

9月の料理教室レッスン

9月のレッスンは、まだ暑さも残りつつ、秋の気配も感じられ、

そんな季節の変わり目にぴったりな4品をご紹介しています。

お楽しみに!!

『ベーコン』の生ベーコン

 

 

 

 

 

 

 

 

軽井沢に行った時、『ベーコン』という名の

ベーコン・ハムの製造専門店を見つけ、

そこで買ってきたハムやベーコンが絶品でした。

 

 

 

 

 

 

 

写真を撮ってから、なんか調理しようかなーと

思ったけど、そのままですごく美味しくて、

家族で1枚づつ食べたら、5秒でなくなりました

 

 

 

 

 

 

 

 

ハムもすごく美味しいけど、ベーコンが看板だけあって、

ちょっとその辺のものとは、一線を画す逸品。

なんといっても素晴らしいのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

この原材料

余計なものは一切入っていないの

これすごいよね。

カリカリに焼いても、もちろん美味しいけど、

このベーコンは、生でもイケる

イタリアで食べられるラルドみたいな感じです。

そのまま薄くスライスして、サラダに添えたりすると、

健康診断の『中性脂肪』の数値が上がっていくのが

容易に想像できるけど、誘惑に打ち勝つのは非常に困難です。

 

今日は、薄ーく切った生ベーコンに、

イチジク、茄子のグリル、モッツァレラチーズを添えて。

 

 

 

 

 

 

ワインも必須です。

こちらの商品、お取り寄せもできるみたいです。

誘惑に打ち勝てるか・・

 

日常のお料理は、☞インスタにて

 

はまの屋パーラー

ミュージカル好きで、帝劇界隈に詳しい友人に、

観劇前の、ひとりランチにぴったりな、

サンドイッチが美味しい喫茶店を教えてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

『はまの屋パーラー』

カフェではなく、『パーラー』

ちょと懐かしい感じがいいです。

場所は有楽町から1分のビルの地下。

スタバも目の前にありますが、

ちょっと小腹を満たしたいと思えば、断然こちら。

サンドイッチが美味しいです!コーヒーも!

 

 

 

 

 

 

 

 

好きなサンドイッチを、ハーフハーフで

頼めるのも嬉しい

人気のたまごサンドとフルーツサンドを注文。

お持ち帰りもできるので、劇場に持って行っても

いいかもしれません。

この日は、宝塚の雪組公演を観劇して、

夢の世界のひとときを過ごしました。

初舞台から、日々美しく、かっこよくなる

朝澄希さんを、応援しています

ピーナッツバタージェラード

 

 

 

 

 

 

この夏、美味しかったアイスクリーム

『HAPPY NUTS DAY』

ピーナッツバタージェラード

もともと、この店のピーナッツバターが大好きで、

時々お取り寄せするのですが、

ジェラードが夏期限定で発売されているのを知り、

すぐに購入!

 

 

 

 

 

 

あの、美味しいピーナッツバターのままの

ジェラード! ゆっくり楽しもうと冷凍庫の奥の

ほうに入れておいたのに、すぐに家族に発見され、

あっという間になくなりました。

ふつうのアイスは、いつまでも冷凍庫にあるのに、

美味しいものの気配は瞬時に見逃さない我が家のメンバー。

「これまた買って」の言葉と、

空き箱を残し、自分たちの部屋へ帰って行きました。

今度は、見つかりにくい場所に隠そう。

 

 

日々の料理写真は、インスタにてご紹介しています

蕎麦処ささくら@軽井沢

信州に来たら、蕎麦が食べたいよねと、

美味しいお蕎麦のお店を教えて頂いて行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

『蕎麦処 ささくら』

人気があるので、予約が確実みたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き味噌とビール。

家族でお酒を飲むのは私だけなので、

テーブルでひとり、ちびりちびりと、

家族に説教などして、おやじのように酒を飲む。

ああ、楽しい

このお店、蕎麦以外の料理も、とても美味しい。

なので、たくさん注文しちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

山菜のおひたしや、蕎麦の実入りのコロッケなど、

メニューも品揃えも、気が利いていて、

お酒のつまみとしても、食事としても大満足。

そして、お蕎麦は

 

 

 

 

 

 

 

胡桃だれや、とろろがついた、三色蕎麦。

うん!

流石に人気があるだけあって、美味しい!

混んでいるので、のんびりするというよりは、

ぐいぐい飲んで、がんがん食べて、

さらさらっと蕎麦をすすって退散。という感じですが、

「川上庵の他に、蕎麦屋どこかないの?」

って思っている人は、是非行ってみてね

スルイヤド@軽井沢

軽井沢で、リゾートっぽいフレンチを探していたら、

こんなお店を見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

信濃追分にあるレストラン

『スルイヤド』

このお店、とにかく外観が可愛い

 

 

 

 

 

 

 

森の中の一軒家のレストラン

 

 

 

 

 

 

 

 

テラス席も、めちゃくちゃ可愛い

 

 

 

 

 

 

 

 

入口までの小路を歩いているだけで、

ワクワクしちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口のディスプレイも、

どこのフードコーディネーターが作ったのよって

思うくらいの可愛らしさ

あまり宣伝をしない店らしいけど、

(確かに、ネットや雑誌には頻繁に出ていない)

シェフは、星野リゾートのブレストンコートで

料理長の経験もある実力派。

お店の中も、適度に落ち着いていて、ディナーは

3種類くらいのコースから選べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お料理は、この他にアミューズがつくので、

男子中学生でもOKなボリューム。

お野菜の付け合わせも、たっぷりです。

潔いほどに控えた塩味に、賛否が分かれる料理ですが、

私は、「軽井沢」という土地と、「高原野菜」という

素材を考えて、敢えてこの塩梅にしているのだろうと

シェフの想いを感じ取りました。

私がリゾートレストランに求めるのは、

最先端の鋭い味付けではなく、土地の素材を際立たせ、

風景や空気の匂いまでもご馳走にしてくれるレストラン。

家族の会話も、たっぷり楽しんだディナータイムでした。

 

日々のお料理写真はインスタにて♪ こちらをクリック

軽井沢朝ごはん② 御厨

軽井沢の塩沢通りを車で走り、

田んぼや、畑が広がるのどかな風景の中にある、

かまど炊きご飯のお店

 

 

 

 

 

 

 

 

『御厨(みくりや)』

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地内にも、田んぼや畑、池があり、

のどかな里山風景の中で育てた、

こだわりの米を使った朝ごはんが食べられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薪をくべて、昔ながらのかまどで炊いている

と聞くと、もうそれだけで、

「これはもう、絶対美味しいでしょー!」

と、子供達も大喜びで、期待が高まります。

 

 

 

 

 

 

 

「朝のおにぎり膳」

ご飯のおいしさを引き立たせる副菜や、

出汁のきいた味噌汁。

おかわりごはんも追加注文できます。

 

 

 

 

 

 

 

風景も『和』。空気も爽やか。

田舎の親戚がない我が家では、この風景で食べる

かまどご飯で、かなり旅気分が盛り上がりました。

ほっこり過ごせる、いいお店です。

「卵かけご飯」や「とろろご飯」の朝食膳もあったので、

次回はそれも頼んでみようと思っています。

それから、自家製甘酒も美味しかったので、

行かれる方は、是非!