初YouTubeライブ ご覧いただきありがとうございました

先週の金曜日は、YouTubeライブを

ご覧頂きありがとうございました。

 

コロナ禍でレッスンもお休みになってしまい、

何か皆さんに楽しんでいただけることをしたいなあと

思って、公式LINE限定公開でのライブでしたが、

たくさんの方に見ていただき、本当に嬉しかったです。

 

YouTubeなんて、今時携帯1つで簡単に出来るんでしょー

と、甘く見ていたのですが、

いや、これ大変です

 

キッチンの横はこの状態

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次から次へとパソコンを繋ぐ長男に

「ねえ!本当にそんなに必要?!?」

って叫んだのですが、

1台目はカメラのプレビュー確認用。

2代目はスイッチャーの設定とライブ配信用。

3代目は字幕合成用。

4代目はリアルコメント確認用。

5代目は私のモニター。

 

「全部使うので」と、

息子はスイスイ繋いでいましたが、

コロナが加速させた時代の進化を、

私は、ぼんやりと眺めている状態。

コロナが去っても、別の脅威が迫っている気が、

しないでもない・・。

 

とりえず、IT課長を、IT部長に、

昇進させておくか。。

 

リハーサルもなしの、ぶっつけ本番で、

予定より、大幅に長くなってしまってごめんなさい!

きっと次回はもっとスムーズにいくかなって思います。

 

感想やつくレポも、とてもとても嬉しかったです

10月は、お教室でお待ちしております。

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラ・ネージュグラッセ公式LINE

登録はこちらから

https://lin.ee/cBmRFYe

 

 

インスタはこちら

https://www.instagram.com/miyuki.urata.9/?hl=ja

 

YouTubeライブ配信のお知らせ

9月10日(金)20時より

YouTubeライブ

『ラ・ネージュグラッセ プチレッスン

~今日の晩ごはん簡単に作っちゃいます~』

を配信します

 

初めてのYouTubeで、生配信

ちょっと不安もありますが💦

楽しんでいただけると嬉しいです。

 

20分くらいを予定しています。

当日は下記サイトよりお入り下さい。

https://youtu.be/RLvOAstEcAY

 

生配信なので、その場で

コメントや質問もしていただけます。

次の日にすぐ作っていただける、

簡単で覚えやすい(これ大事)お料理を作りますね!

是非ご覧ください

 

 

おうちで居酒屋

「駅前のお店の外で『ご自由にどうぞ』って書いてあったから!」

と中学生の次男が笑顔で持って帰ってきたのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビールジョッキ

制服のままだと良くないかと思って、

家で着替えてから、取りに行ったらしい

 

「これでビール飲んだら美味しいんじゃない?

大きいのと小さいのあるの。」

と、楽しそうだ。

自分はウーロン茶を入れて飲んでみたいらしい。

 

この人、将来絶対、のん兵衛だな

 

駅前の居酒屋さん、コロナの影響かなあ。

もう、本当にお酒がなければ外食しないって

思っている人多いものね。

少し、しんみりしちゃうけど、

せっかくなので、使ってみることに。

 

まずは居酒屋ルールに則り・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョッキは凍らす!!!

 

「おお!」と次男の感嘆の声。

この人、もう、感覚がのん兵衛だ。

 

つまみは揚げ物!!!

 

「おおお!」と次男の拍手。

もう、横から、つまんで食べてるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真たらのフリット。

フリットのレシピはこちら

 

小麦粉50g、片栗粉大さじ1/2、

ベーキングパウダー、塩、各ひとつまみ。

これをボウルに混ぜて、

冷たい炭酸水70ccを入れて混ぜる。

 

たらはひと口大に切って、塩コショウをして、

衣で和えたら、180度の油で揚げる。

 

サクふわで、美味しいの

レモンをしぼって、揚げたてを食べてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうしばらく外食はお預け。

自宅をレストランにしたり、居酒屋にしたり、

カフェにしたり、

工夫をしながら乗り越えていきましょう

 

おいしい本も好き

ベットの横にはいつも4~5冊くらい本が置いてあります。

8割は図書館で借りて、2割は購入。

図書館では、常時20冊くらいの本を予約待ちしています。

最近、深刻な問題なのは、

「読んだ本の内容をすぐに忘れる」

半年前に読んだ本なんて、ほとんど何も覚えてないです

 

「それ、読むことに意味ある?」

と息子には冷たく言われてしまいますが、

もう、その時、その瞬間に楽しければいいという、

瞬間娯楽みたいなものです。

 

教養をつけるためとか、

含蓄のある名言を探そうとか、

そういう高尚な気持ちはあまりなく、

紙に書いてある活字が好きなのです。

 

先日、新聞の書評コーナーで紹介されていた

『読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹』

という本の装丁が可愛くて、気になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ね。なんかいい感じでしょ。

題名も気になるし。

で、そのままネットで購入して、届いたのだけど、

・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに厚いの!!!

ちょっとこれ、想定外の厚さで笑っちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、この表紙の感じから、こんな辞書みたいな本を

想像しないでしょ。

寝ながら読むには、ちょっと重いぞ。

でも、たらんたらんとした文章が、

寝る前の読書にはぴったりで、ちょびっとづつ楽しんでいます。

 

題名に食べ物が入っている本は、

やっぱり目を引きます。

食べることが本当に好き。

寝る前に、美味しいこと考えながら読むのが

幸せなんですよねー。

 

最近はこんな本も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文豪たちは、何を思って、何を食べたのか?

夏目漱石のツグミの粕漬や

坂口安吾のアンコウのドブ煮

などなど、

今はもう食べられないものや、

馴染の食べ物を、文豪たちがどうやって

美味しさを表現しているのか。

とても興味があります。

これは、秋の夜長にゆっくりと。

 

明日から9月。

読書の秋、そして食欲の秋。ですね

 

 

 

 

 

暑すぎて素麺しか浮かばない

暑いですねー

もうすぐ8月も終わりだというのに、この暑さ。

夏の終わりの、とどめの暑さですね。

こんな日の『そうめん』

日本の気候にこれだけ合致した食材を考えた人、偉いです!

 

日本の3大素麺といえば、

兵庫県の「揖保乃糸」、奈良県の「三輪そうめん」、香川県の「小豆島そうめん」

 

以前、お仕事で「素麺」について色々と学んだのですが、

それぞれの産地でも製法に違いがあります。

今日はちょっと高級な「三輪そうめん」の『白龍』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このパッケージからして高級感あります。

1人前つづ、箱に入っているの。

素麺て、お中元でもよく使われるけど、

こんなの頂いたら、ちょっと「わお」って感じですよね。

 

麺も折れるスレスレまで細いのです。

さらに今日は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5色そうめんを少しつづ混ぜておめかし

子供のことは、ピンクの素麺が1本入っていると嬉しかった

今は、こんなカラフルになっているのね!

このまま使うより、白の素麺にちょこっとつづ入れたい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくだから麵つゆにもこだわってみよう。

出汁400㏄に豆乳100㏄を入れて、

あとは白味噌と薄口しょうゆで味を調えて、

大葉の千切りと一緒に。

 

素麺は氷をのせて、

麺つゆも、冷え冷えに。

 

2021年、忘れられない夏が過ぎていきます。

次の季節には、穏やかな日常が戻ってきますように。

 

お気に入りのカトラリーレスト

これです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、自宅用に使っているカロラリーレスト。

何がいいかって、

スプーン・フォーク・箸

の組み合わせってところ。

我が家の食卓は、この組み合わせの食事が多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スプーンもフォークも、穴にぴったりでカワイイ

「ちゃんと置きたくなる」仕掛けがいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳密には、お箸を縦に置くのはどうなのか。

ってこともあるけど、

日本のマナーはちゃんと伝えた上で、

こんな遊び心のある雑貨も楽しい。

 

佐賀県嬉野市で作られた肥前吉田焼き。

『224porcelain』のものです。

 

 

 

 

 

 

YOKOHAMA LOVE

8月22日は横浜市長選挙投票日。

私はいつも期日前投票派なので、すでに投票済です。

 

IRの問題や、一般予算の多額赤字とか、

コロナ対策など、抱える問題は山積しているようです。

「住みやすさ」よりも「イメージ先行」の

都市だよなあと、思いはするけど、

でも、それでもいいかあ。いいよなあ横浜。

って思える魅力的な市だと思っています。

 

もう10か月以上前の話ですが、

インターコンチネンタルホテルpier8へ宿泊しました。

みなとみらいの新港ふ頭。

三方を海に囲まれている立地は、横浜のアイコン風景を

そのまま目にすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋の窓が床からほぼ天井まであり、

まるで絵のような風景に映る仕組み。

だからバルコニーもないのですね。

風景を邪魔するものがないので、

部屋の中どこからでも、

こんな夜景が見れるという贅沢。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで、船のデッキから見ているように

海を間近に感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿泊者専用のルーフトップも素敵でした。

 

クラブラウンジは、コロナ対策で、

フリーフードではなく、

アフタヌーンティスタイルになっていました。

こっちのほうが好きかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はもう、近場でも宿泊はできないような雰囲気ですが、

コロナ明けには、

是非みんな横浜に遊びに来てほしいー

恋人たちのロケーションとしては、

もう完璧な横浜ですから!

と、

市長ではないですが、

熱く横浜を推したい私です。

【ルセットアカデミー】お料理教室ができるレシピ集

コロナ禍の中で、自宅でお料理教室をしたいという人が

増えているようです。

レシピは巷にあふれていますが、その中から使えるレシピを

探すだけでも、きっと大変な作業だろうなあーということで、

私のレシピを写真と動画付きで販売することにしました。

質問はメールでもZOOMでも対応します。

 

「料理の先生でないと買えませんか?」と質問受けますが、

いえいえ、どなたでもご購入いただけます。

花嫁修業用にも(もう死語かセクハラですねこの言葉)

花婿修業用も(と書けば問題ないか?

商用可能なので、オンラインレッスンに使うことも、

カフェのメニューにしていただく事もできます。

 

 

是非【ルセットアカデミー】で検索してみてくださいね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/recette/

 

暑中お見舞い申し上げます

すっかりご無沙汰している間に、夏です

今、料理の先生向けの動画を作成していて、

ブログの更新が全くできていないのですが、

ごめんなさい!秋になれば少し落ち着くので、

それまで少しお待ちいただけたら嬉しいです。

 

さて、本日は、私がいつもお仕事でご一緒させていただいている

三島葉子先生が、根津に限定カフェを出店しているので、

こちらのご案内をさせてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『やなぎのにわ京菓子店/Kitchen haco限定カフェ』

こちらで、京都府和束産の高級抹茶を使ったかき氷

「お濃茶かき氷」がいただけます。

オープン当日、早速家族で伺ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根津の駅からすぐ。

根津の町って古いものと新しいものの調和にデザイン性が

あって、とても味のある町ですね。

近くに人気のパン屋さんや、亀の子たわしのショップがあったり、

探索も楽しいです。

そして、かき氷!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふわふわの氷の上にかかる抹茶は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注文のたびに点てるというこだわり!!

香りが全然違うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦みを抑えた上品な抹茶のかき氷。

さらに『追い抹茶』ができる贅沢

 

子供たちは

「おいしい!子供会の夏まつりのかき氷とは別物だ!」

そりゃそうだ

なんせ、国内で3%しか採れない高級抹茶を使用しているのだもの。

センスも技術もピカイチの三島葉子先生の期間限定カフェ。

この夏、是非皆さんに行ってほしいなあーと思います。

 

開催期間 7/17~25日

営業時間 12時~17時

場所 文京区根津2-19-6

 

 

電車運転手になれる!トレインシュミレータールーム宿泊記

只今、動画の撮影中で毎日忙殺されていますが、

ネットに弱い私は、IT課長(長男)がいないと、

仕事が滞ってしまうため、日々お願いモード。

膨大なお願いをしすぎて、働きが鈍くなってきたので、

IT課長を宿泊接待することに。

(もはや母親の威厳とかはない

 

新聞で見つけたこの記事

 

 

 

 

 

 

横浜ベイホテル東急の

『トレインシュミレータールーム!!』

 

本物の東急電鉄8090系のマスコンハンドルを使用した、

電車シミュレーター装置を設置する部屋があるらしい

 

東急線好きで、電車好きのIT課長にぴったりだ!

即、予約。

「課長!いい宿取りましたよ!」スリスリ

 

でも、これって高校生がやっても楽しいのだろうか??

ちょっと心配になったので、ホテル確認すると

「大人の方でも、問題なく楽しんでいただけます。

本格的なので、むしろ子供だと難しいかもしれません。

夜中までやり続けて、また早朝からやる方も多いです」

 

よっしゃ

「課長!早速行きましょう!!」

(そして帰宅後すぐに働いてほしい)スリスリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え。ホーム?

じゃなくて、ホテルの部屋の前に飾ってある看板。

シュミレータールームは、廊下の突きあたりにあり、

この看板が目印。

へー、凝ってるわね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のるるん。

これ東急線のマスコットらしく、

電車好きには人気なのね。課長が

「のるるん💖」と反応したので、よしとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおー!部屋中が東急線だ!!

クローセットの中にも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手すりあるし

 

窓には、こんなシールも!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東急線関係の本も揃っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも、ちらちらと、東急線アイテムがあり、

ディズニーホテルの東急版

みたいな感じかなあ。

これは確かに電車好きには、たまらないかも!

そして、お目当てのトレインシュミレーターが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら

東横線・大井町線・田園都市線の各路線・区間が選べ、

実際の風景が映し出されるモニターを見ながら、

本物のハンドルを握り、運転手気分を味わえる。

スピーカーからのアナウンスや、電車の音も

臨場感があって、かなり本格的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベットに置いてあった、のるるんを

横に置いて、早速運転スタート。

即、夢中。

「これ、徹夜でやっちゃうかもー!」

っていうくらい、楽しいらしい。

 

実際、そういうお客さんが多いらしく、

音が他の部屋に漏れて、迷惑にならないよう、

『始発6時・終電11時』

と、決められていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

課長、真剣に運転中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅から手袋(軍手)持参したらしい

課長、抜かりないっす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もやってみる。

 

ホームの停止線を15メートルも過ぎて、

緊急停止させられる

 

これ、ちょっと楽しすぎるかも。

ゲームセンターにあったら、行列だよ!

 

そうそう、この宿泊プランは、

夕食のルームサービスもついています。

部屋から1歩も出ないで、ずっと運転していたい人

ばかりだと思うので、ルームサービスは嬉しい。

 

しゃべらず、出歩かず、部屋食。

コロナ禍にぴったりのプランでもある。

 

ルームサービスの料理も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電車でした!!

東急 旧5000系をモチーフしたとか。

「あ、旧5000系だ」と課長が言っていたので、

分かる人には分かるのでしょう

 

お食事は、お魚、お肉、デザートと、

一通り出てきて、課長が

「パンが美味しい」

と言っていたので、思い出したのだけど、

ここのホテルはパンパシフィックホテルとして

最初にオープンした時から、メゾンドカイザーの

パンを使っていたのですよね。

当時、メゾンドカイザーのパンの種類が多い

ホテルってことで話題になっていた事を

思い出しました。

 

トレインシュミレーターがある部屋は

エグゼクティブルームなので、

窓から見える風景も、素敵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜になっても、課長は運転中で、

この部屋に泊まる人は、ほとんど夜景を楽しむ

時間がないかと思われますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、バルコニーでワインを飲みながら、

ちょっとほろ酔いなのでした。

 

終電が終わっても、お楽しみは終わらず、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東急線のDVDが用意されています。

まさに電車三昧!!

これ、電車ファンにはたまらない企画ですね。

とても人気で、週末は満室の日が多いみたいです。

コロナ禍で、ホテル業界も大変だと思いますが、

色々考えますね。

 

ホテルに限らず、この状況下で

全ての業界が、世の中のニーズを読み取る力を

つけているので、この騒動が終わったら、

眩しいほどの世界が、待っているような気がします。

既に私の周りには、

未来に向けて助走している人ばかりです。

 

準備ができていないと戸惑うなあ。

さあ、新しい電車の始発に間に合うか。

 

トレインシュミレーターのスピーカーから

響いていた、出発ベルの音が耳に残っています。