インスタはじめました

インスタは、最近始めたわけではないのだけど、

ずっと、ほったらかしていて、

特に誰にも伝えていなかったら、

フォロワーが数人しかいなくて

ちょっと寂しくなってきたので、宣伝してみます。

私が作った料理だけを載せています。

余計な事は書いてないので、比較的、見て下さる方に、

ストレスをかけにくい内容となっているかと思います。

 MIYUKI.URATA.9

で検索してみてくださいね

ブログでは、引き続き、『おいしい』諸々を、

気が向いた時に綴っていきたいと思いますので、

こちらもどうぞよろしくお願いします。

 

ブリーズヴェール@ザ・プリンスタワー東京

私のスペシャルな文通友達のお話。

筆まめな方なので、頻繁にお便りを下さるのですが、

そのお便りが凄い!!のです。

子供の日には、兜の葉書に、柏餅の切手、

消印は鯉のぼり🎏というこだわり!!

 

苺のお菓子を贈ったお礼に頂いた葉書は、

贈ったお菓子の箱で作った、手作りの葉書に、

シールも切手も、苺で統一!!

私の誕生日には、生まれた年の風景の

ポストカード!!

え、切手はどこ??と思って裏返すと、

カードも切手も消印も、全てイルカ!!

すごいでしょ

これが、毎回、毎回、毎回、手が込んでいて、

もうこれは、ただの『手紙』ではなく、

『作品』なのです

こんなお便りが頻繁に届く幸せな日常を味わえて、

私は、かなりラッキー!なのだと思います。

 

そして、そんな彼女と年にいちど、お食事会をしています。

その名も『七夕会』

このネーミングセンスも、もちろん彼女の名付け。

私は、そんな素敵な名前に合いそうな場所を、毎年探していて、

今回は、

ザ・プリンスタワー東京のフレンチ『ブリーズヴェール』に決定。

プリンス系の中では、落ち着いたモダンな造り。

レストランの中は、テーブルの配置に段差をつけ、

どの席からも、外の景色が見渡せるようになっています。

まだ、明るさが残るディナータイムの前菜から、

メインが出てくるころには、外もライトアップされ、

夜景の風景も楽しめます。

東京タワーが目の前にそびえ立つように見える事で

外国人観光客に人気があるホテルですが、

残念ながらこのレストランはタワーサイドでないので、

そのせいか、サービスも丁寧でゆっくり落ち着いて食事を楽しめました。

デートなら、食後にタワー側のバーに移るっていうコースが

おススメだと思います。

ちょっとバブル時代のプリンスを思い起こさせますが、

いつの時代も、女性はそういうベタな演出が好きだったりします。

 

と、話は逸れましたが、

今年も楽しく有意義な七夕会でした。

いつも素敵なお便りで、毎日をライトアップしてくれる

Hさんに感謝♪

7月7日。

 

 

 

ウェストのハムサンド

『洋菓子舗ウエスト』のシュークリームが大好き

横浜だと、高島屋の3階にある喫茶で頂けます。

髙島屋のウエストは、デパートの中ではかなり、

広いスペースをとった静かな空間で、

コーヒーのおかわりもOK。

ちょっとホテルのラウンジ風の落ち着いた店内は、

ガヤガヤしたお店が多い横浜では、穴場的かも。

 

今日は、お昼の時間に行ったので、

いつものシュークリームではなく、

ハムトーストサンドを注文してみました。

ハムが立派で、ちゃんと焼いてあるので、

ほんのり温かい。丁寧に作られています。

レモンを添えてあるのも上品で、

この作り方は、家でも真似しよう!って思いました。

飲物はウインナーコーヒー。

生クリームが別についてくるのがいい!!

ウインナーコーヒーでも、おかわりが自由なの。

コーヒーも、専門店のものより美味しい。

あー、またシュークリーム食べたくなってきた!

 

 

食の力

子供が幼稚園くらいの頃は、毎日育児に悩み、

迷っていただのけど、先輩ママの料理家は、みんな、

「料理だけ、ちゃんと作っていたら、絶対大丈夫!」

と、言っていました。

料理を3食作ったからといって、問題が解決するわけでもなく、

育児の不安がなくなるわけでもないのだけど、

とりあえず、できることが他にないので、料理だけは、それなりに

作っていたように思います。たぶん。

でも、仕事して子供が小さいと、『ちゃんと』作るって、とても大変です。

家事の中で、最も負担が大きいのは料理ですから。

『ちゃんと』じゃなくても、冷蔵庫の中の野菜を炒めるだけでも、

朝、塩麴に漬け込んだ魚を焼くだけでも、なんでもいいので、

とにかく「親が料理を作る」という行為が、大事みたいです。

これは、想像を遥かに超えて、効果があります。

じわじわと効いてきます。時間がかかりますが確実に

良い作用があります。

子供を育てて、『食の力』を改めて実感しています。

 

ただ、ひとつ問題点。

先輩ママの料理家は、

「ちゃんと食べさせたら、頭のいい子になる」

と、言っていましたが、そこ!。そこな!

そこのところはまだ、全く効果が見られず、『食の力』の限界を感じる

残念な部分ではあるのですが、いやいや、これはきっと、

私の実力不足でもあります。

まだ、育児も経過途中。まだまだ『食の力』を信じて、

テストの結果への怒りは、黙って明日の弁当の握り飯に込めよう。

 

今日の夕食は、カチャトーラ夏バージョン。

 

 

 

 

アイシングクッキー

生徒さまより、

こんなに可愛い クッキーを頂きました。

お教室の名前が入ったクッキー

めちゃくちゃ可愛い!!

しかも、味もおいしいの!!!

いろんなバージョンがあって、

これって、仕事の名刺のように使っても

印象に残りますよね。

素敵

ありがとうございます。

 

365 アニバーサリー ビスケット

6月レッスン

今月は、ベルギーのオーガニック発酵バターを使い、

リゾットに添えたり、リコッタチーズのタルトを作ったり、

バター好きな私も、毎回楽しいレッスンでした。

 

 

ホワイトアスパラも、今の時期にしか味わえない旬のレシピ。

季節がめぐるたびに、

「あのレシピの出番!」と思っていただけるようなお料理を

これからも、ご紹介できたらいいなと思います。

 

今月のリコッタチーズケーキは、

こんな風にデコレーションすると、また違ったイメージに。

タルト生地を空焼きすると、キッチンの中に

バターの香りが広がります。

ブルーベリーも、たっぷりが美味しい

 

週末ごはん

耳鼻科の待合室で、

迷いなく手に取る雑誌が

『レタスクラブ』って。

そんな小学生男子、あまりいないし

「これ、おいしそうじゃない?」

と、プレッシャーかけてくるのも、やめてほしい

 

夕食は、塾でお弁当を食べることが多いので、

家族で夕食が食べられる日は貴重。(彼にとって)

 

遠回しなプレッシャーに押され、

今日の夕食は、お肉をバーンと焼いてみました。

週末のおうちディナー

お料理教室のHPはこちらからどうぞ

 

 

 

ベルギーのオーガニック発酵バター

6月のお料理教室は、

ベルギーのオーガニック発酵バターを使っての、

タイアップレッスン。

このバター、とても美味しいです。

バターのまったりしたコクはあるのに、

後味がさらりとしているので、ついつい

つけすぎてしまう、危険なタイアップ。

試作。とか言いながら、レッスン前に全部食べて

しまいそうでコワいわ・・

白飯にバター醬油っていう食べ方でも、全然OKだけど、

そういうわけにもいかないから、リゾットにして、

こんな感じでご紹介します。

 

お料理教室のHPは、こちらからどうぞ

 

 

生たこのカルパッチョ

お友達から、面白い調味料を頂きました。

『サクサクしょうゆアーモンド』

ネーミングがいいよねー!

そのままご飯にかけても、きっと美味しいやつ!

って分かるもの。

販売元もキッコーマン系列だし、フレーク状の

醤油もきっと、ちゃんとしているに違いない!

まずはお味見で。

 

生たこのカルパッチョ🐙

うん!味がしっかりしているので、

ほんの少しオリーブオイルと大葉を足すだけで、

ちょっとした1品が完成。

これは便利

明日は、冷奴にかけてみよう!

自然派薬膳鍋らかんか

薬膳に関わっている料理家の友人に誘われて

新橋の薬膳鍋のお店に行きました。

自然派薬膳鍋 らかんか

お店の入り口も、店の中も、不安になるくらい

こじんまりとしているのですが、

さすがに、薬膳に詳しい友人がセレクトして

くれたお店だけあって、内容が充実していました。

ひとりつづ、かわいいお鍋が用意されています。

最初に、きのこの盛り合わせ。

契約農家から、無農薬、自然栽培のものを

厳選して取り寄せているようで、

見るからに力を秘めているようなきのこ達。

 

薬膳スープの中に入れて5分位待ちます。

この薬膳スープがそれだけで美味しくて、

身体が浄化されそうな、有難みのあるお味!

こんなに沢山の、漢方と香辛料が入って

いるんですって。これは家では作れないですね。

お肉も餌から管理された放牧豚・牛。

肉を入れると、スープが益々美味しくなっちゃって、

鍋のスープを最後まで飲み干してしまいました。

薬膳が女性に人気の理由が分かる、納得の1軒。

身体のメンテナンスを兼ねて、数か月に1度くらい、

定期的に通いたくなるような店です。

ビオワインが充実しているのも◎