寒いですね

毎日、寒いですね。
冷え性の私は、毎日、生姜や唐辛子を使ったものを必ず
食べています。
只今、深夜1時。
DSC_0574.JPG
甘酒に、大量の生姜を入れて。
甘酒を飲むと、京都に行きたくなるのは、私だけかしら?

フォトレッスン

昨日は、2回目のフォトレッスンでした。
DSC_0437.JPG
テニスのコーチとラリーをすると、
自分の腕が、ものすごく上がったような気になるものですが、
どうやら、写真も同じようです。
レッスン中に撮ると、なんだか上手になった気分が・・・
DSC_0425.JPG
でも、カメラって、奥が深いですね。
カメラが、こんなに優れた頭脳を持っているなんて、
知りませんでした。
「あ、それはダメ!撮らないもんねーカメラ手(パー)
って、カメラに言われちゃうなんてがく縲怐i落胆した顔)
別に、カメラがしゃべるわけじゃなくて、シャッターが切れなくなるだけですがあせあせ(飛び散る汗)
カメラマンの先生も素敵で、
なんと、毎回手作りの、ケーク・オ・サレを
焼いて、ハーブティーと一緒に出して下さるのです。
DSC_0564.JPG
写真家というのは、デザイン力も必要とされるから、
全てにおいて、センスがいいのですね。
創造する仕事は、その基盤となる人間自身も
磨く事が大切なのだと、
最近、毎日に追われて生活が粗くなっている私は、
かなり、刺激を受けて帰って来ました。
センスがキラリと光る、先生のブログはこちら
今回も、楽しい時間をありがとうございました。

バレンタインディナー

バレンタインデーハートたち(複数ハート)
今年は日曜日なので、自宅でゆっくり
バレンタイン・ディナー
DSC_0436.JPG
なんとなくバレンタインぽいロゼワインを開けて、
DSC_0425.JPG
ホワイトアスパラガスのラヴィゴットソース
DSC_0398.JPG
軽く火を入れたサーモン エシャロットと白ワインのソース 
DSC_0420.JPG
黒ハートのパプリカ・ポタージュ
DSC_0443.JPG
牛肉のロティ 甘いバルサミコを添えて
DSC_0333.JPG
苺のチーズクリームシャンティ
DSC_0440.JPG
トリュフ・ショコラ
Happy Valentine’s Day揺れるハート

2月レッスン

暦のうえで春を迎えた今が、実はいちばん寒い霧
お仕事で、季節を先取りしたレシピを依頼されることも
ありますが、お教室のレシピは、もちろんその時の
季節に合わせたもの。
DSC_0252.JPGDSC_0233.JPG
DSC_0265.JPGDSC_0222.JPG
今日のように寒ーい日は、とくに、
前菜で作った
『オニオングラタンスープ』が美味しく感じられます。
そして、今ちょっとしたブームの
『いちごのリゾット』
いちごと米?! 最初はみんな驚きますが、
食べたら納得のお味揺れるハート
いちごと、バルサミコの相性のよさにも、驚きの声がわーい(嬉しい顔)
メインは鴨です。
鴨の焼き方のコツをお伝えして、
きれいな色のソースを添えて、
ご自宅でも簡単にレストランのような1皿にハートたち(複数ハート)
デザートのブリュレも可愛いでしょ黒ハート
明日は、バレンタインだし、
みなさま、頑張ってお料理してくださいねかわいい

モンドール

秋冬にしかお店に並ばない、季節限定チーズ。
   モンドールぴかぴか(新しい)
IMG_9598.JPG
とろーりとしたチーズを、スプーンですくって食べると、
濃厚なミルクの味わい揺れるハート
レーズンやクルミのパンにのせて食べると、
止まらなくなります。
サイズも大きいし、自宅で食べるには少々お高いですが、
モンドール未体験の人は、一度は食べてみる価値ありかわいい
IMG_9605.JPG
ワインの購入もお忘れなく。

RAZZO

新山下にある、ピッツェリア『RAZZO』
休日に家族で山下公園で遊んだ帰りに、立ち寄りました。
山下公園から、歩いてすぐ。元町のはずれにあります。
DSCN1519.JPG 
ディナータイムは17時半からなので、
ぴったりに入店。1番のりモータースポーツ
DSCN1531.JPG
まだ、お客さんが誰もいないので、
お店の方が、踏み台を持ってきてくれて、
子供達はピザ窯見学。
長男「おいしいの、作ってねー」
次男「たくしゃんねー」(訳)「たくさん作ってね」
と、お店の方にプレッシャーをかけている子供達の横で、
ビールを飲みながら、ピザが焼けるのを待ちます。
DSCN1534.JPG
おつまみに頼んだ、無農薬野菜の窯焼きは、
美味しいバーニャカウダソースがついていたけど、
それをつける前に、ほとんど子供達に食べられましたドコモ提供
DSCN1523.JPG子供用のプレートも可愛い。
お待ちかねのピザ登場
DSCN1539.JPGDSCN1537.JPG
水牛モッツァレラのマルゲリータと、有機コーンとサルシッチャの
ピザかわいいモチモチで美味しいるんるんわーい(嬉しい顔)
DSCN1541.JPG
パスタはウニのペペロンチーノを。
パスタのレベルも高いですグッド(上向き矢印)
手作りのジェラードも、お店のお勧めで、
季節に合わせて、数種類のジェラードが用意されていて、
テイクアウトも可。
DSCN1544.JPG 子供サイズもあり。
DSCN1547.JPGDSCN1551.JPG
主人はバニラジェラードのアフォガードを。
私はマルサラ酒のゼリーとミルクジェラード。
カジュアルなのに、とても落ち着けて、
温かい時間が過ごせます。
DSCN1553.JPG
山下公園から、徒歩2分という立地。
子供連れOKで、子供にも優しいお店ですが、
夜は、落ち着いたオレンジ系の照明で、デートにも
ぴったりなお店です。
恋人達の邪魔をしないように、
お子ちゃま達は、早めに退散いたしましょうハートたち(複数ハート)

マイチョコ

バレンタインデーも、もうすぐということで、
デパートでも、チョコレートの特設会場が
設けられていますが、
なんだか、盛り上がりに欠けていると、感じるのは、
平日だったからなのか、
世の中が不景気だからなのか、
ショコラブームが下火になったからなのか、
私がバレンタイン現役でないからなのか、
そんなことを思いながら、
チョコレートコーナーを歩いていると、
ピエールマルコリーニの前で、気になる文字が目
ギモーブ・チョコレート
足が止まる足
私、ギモーブという言葉に弱い。
ギモーブ大好きハートたち(複数ハート)
主人は「ただのマシュマロでしょ?」
と、言うのだけど、
とにかく私は、ギモーブが好きなのっハートたち(複数ハート)
四角いギモーブを、チョコレートでコーティングしてある、
ピエールマルコリーニのこちらのチョコレート。
ギー.jpg
マイ・バレンタインチョコ 決定exclamation×2
DSC_0319.JPG
やわらかめのギモーブに、ピエールさんちのチョコレートが、
ヤムヤムヤムわーい(嬉しい顔)るんるん
これは、冷蔵庫の奥に隠して、ひとりで食べるのだ手(チョキ)
あ、そういえば私、
主人のバレンタインチョコ買いに行ったんだっけ。
   忘れてたたらーっ(汗)

節分

恵方巻きも、コンビニで予約販売が行われていたりして、
ほとんど、クリスマスケーキと同じくらいの認知度に
なっているのかしら?
今年の福徳の神様は、西南西にいるんですって。
じゃあ、一応、巻いておきますか。
    DSC_0303.JPG
かぶりつきやすいサイズの海苔巻きと、
鬼のお面をかぶった、アンパンマン巻き寿司。
いいことが、ありますようにわーい(嬉しい顔)

予定通り、雪でしたね。
前日から、予報されている場合は、前もって
車のタイヤを替えておくとか、予定を変更するとか、
準備ができるので、都心でもそれほど、
混乱はないかと思うのですが、
子供の行動は、予期できないので、ちょっと厄介。
朝起きると、主人が朝食の席で、
「今日は雪がやんでも、スリップするので、
車に乗ってはいけません。
ベビーカーも、危ないです。
車が来たら、みんなこっちへ突っ込んで
来ると思って道を歩きましょう。
雪の怖さを知らないドライバーが
多いので、それくらいでちょうどいいです」
と、校長先生のような、朝のご挨拶があり、
だからと言って、お隣の猫と
炬燵で丸くなっているわけにはいかないのよ

今日も1日やらなければならない事が山積みですダッシュ(走り出すさま)
雪という稀な天候で、子供達の行動は2倍遅くなる。
ということは、私は4倍速か?!あせあせ(飛び散る汗)
と、あたふたと考えていたところで、
「ねー、ままー、あれ、たべてもいいの?」
  出た!出た!!出たーー!!!
お決まりの、2歳次男の声。
  あれ とはもちろん、
    雪のことだ雪
「雪は鑑賞するもので、食べるものではありま・・・ちょ、ちょっと!
食べちゃダメって言ってるでしょ!」
次男、既にテラスにしゃがみこみ、雪食中。
「ままー、おいちぃのと、まじーのがあるねえ」
(訳)「美味しい雪と、不味い雪があるようです」
それは、泥がついているかどうかの違いではexclamation&questionちっ(怒った顔)
「ままー、はだかんぼうになると、おいちーの、しってるの」
(訳)「裸になると、美味しい雪を見つけられる気がします」
全く意味分かんないですからexclamation×2
ズボンをオムツごと、ぐいぐい下ろそうとする次男。
それを止めさせる私。
「ぬぐー。ゆき、たべるー。やだーっっ。」
「何やってんのよ!時間ないんだから!着なさいよ!」
走り回り、追い掛け回し、そのうち泣き出した次男は、
もう、最初にどうして泣き出したかも分からなくなって、
力の限り暴れ出し、どうにも手がつけられない状態に。
2歳男児。
晴れていても曇っていても、だいたい毎朝
こんな感じですふらふら
今日は、この怪獣と共に、1日中あっちこっちと動き回り、
夕方、長男を幼稚園に迎えに行く時には、もう家に帰りたいと
また、ひと暴れして、家に帰って着た時には、
親子共に、疲労困憊バッド(下向き矢印)
本当は、
「雪だね」って。
「一緒に1日遊ぼうね」って。
ゆっくり、ゆっくり、向かい合ってあげられれば、
いいのかもしれないけれど。
現実には、それが難しくて。
一緒に雪で遊べなかったかわりに、
今日見た雪と、同じ味がするクッキーを作ろうね。
『君が初めて手で触って、
   食べた雪の味がするクッキー』

ママが、君のために今日作ったレシピです。
材料 バター      80g
   粉砂糖      35g
   溶き卵      大さじ1
   塩        少々
   バニラオイル   少々
   薄力粉      100g
   アーモンドプードル 40g
作り方
①ボウルにバターを入れ、ポイッパーでクリーム状
 になるまで混ぜて、粉砂糖を加えたら
 ハンドミキサーで、白っぽくなるまで混ぜる。
②溶き卵、塩、バニラオイルを加えて混ぜる。
③薄力粉とアーモンドプードルをふるい、②に加える。
 粉っぽさがなくなるまで混ぜ、小さな丸に揃えて、
 160度のオーブンで15分位焼く。
 DSC_0277.JPG
④クッキーが冷めたら、
 上からたっぷりの粉砂糖(分量外)をふる。
 DSC_0279.JPG
雪のように、ほろほろした食感。
淡く優しい味がします。
  あ揺れるハート
  ネージュ・グラッセ(糖衣をかけた雪)だぴかぴか(新しい)
       「おいちーねるんるん

特に、お塩に、ものすごくこだわりがあると
いうわけでもないのですが、
キッチンの塩を並べてみたら、
DSC_0275.JPG
こんなにあって、ちょっとびっくりexclamation
面白いものでは、父がヒマラヤに登った時に、
持って帰ってきた、ヒマラヤ100%岩塩(?)や、
同じく、父から手渡された、
『ネパーール 塩』
と、ビニールにマジックで書かれた
怪しげなものや、
ハワイ、沖縄、フランス、チベット・・・
いろいろある中で、今、お教室でブームを起こしているのは、
DSC_0271.JPG  こちらのお塩。
前にもブログで書いた、黒トリュフ入りの岩塩。
お教室で、ちらっと紹介したところ、大人気にグッド(上向き矢印)
シンプルなサラダに、オリーブオイルと共に
かけるのが、お勧めですが、もちろん、ソテーしたお魚やお肉に
かけてもOK。
最近、気に入っているのは、
かぶを、1口大に切って、このお塩と、オリーブオイルをかけるだけexclamation×2 
かぶと、トリュフって相性いいじゃんexclamation×2
て、私は思ったのですが。
ポイントは、かぶを塩もみしたり、茹でたりしない事。
皮を剥いて、切ったら、オリーブオイルとトリュフ塩をかけるだけ!
生のかぶを、ぼりぼり2つは軽く食べられます。
この塩をお持ちの皆さん、早速、今晩の夕食の1品にしましょう。
でも、「これ、お教室で習ったの」とは言わないように手(パー)
「これじゃ、私の家庭科の実習のほうが難易度高いよがく縲怐i落胆した顔)
 お母さん、なに習ってるの?」
と、中学生のお嬢さんに言われちゃうのであせあせ(飛び散る汗)
手抜きごまかしバージョンの写真を載せておくので、
ご参考にしてくださいな。
DSC_0142.JPG
かぶの茎を茹でて散らし、ラディッシュを薄切りにして散らして
おきました。 これなら、許されるでしょう手(チョキ)
お肉料理のサイドメニューに、どうぞわーい(嬉しい顔)